ロサパルティ プロデュース
《哲学者の薔薇園》企画展

空に溶ける 闇に浮かぶ

◎参加作家
akibaco、石田千帆、卯月螢、鏡野みづは、澁谷瑠璃、緋衣汝香優理、ミカミまこ、邑神ナッツ、由良瓏砂 

◎会期
2021年9月13日(月)〜18日(土)12:00-20:00(最終日17時まで)

9月17日(金)19:00- 出展作家によるギャラリートーク(ツイキャス配信あり)
司会:松尾友雪
入場料:500円

◎会場
銀座中央ギャラリー
〒104-0061東京都中央区銀座1丁目9-8 奥野ビル411号室
TEL:090-2919-8651
E-mail info@chuogallery.com


2017年より、都内の数店舗(武蔵小山 TARUHO、新宿 A STORY、四谷三丁目 喫茶茶会記、中野 gLUV.、新宿御苑 サロン・ド・シャルーン)でのダイニングカフェバー営業、及び神保町 SPINORギャラリーにて「オカルティズム講座」を行ってきた、アートサロンカフェ《哲学者の薔薇園》。
当初より一貫して、知と美を追求する人々の集う場としての機能を追求してきました。

2020年、株式会社シャルーンを母体とし、WEBショップ ロサパルティを開店。
ショップでは布や手芸用品、布製品を主に扱っていますが、最終的にはアーティスト支援を目的としており、少しずつ作家作品の取扱いも始めております。
一方で、週一ペースでツイキャスにて、聖書や能、古典文学の読書会や朗読会、ゆかりのアーティストの作品紹介やトークライブ等の発信も行っています。
動画は編集し、後日Youtubeにて公開しております。

2021年、アート関連事業への展開を見据え、初の企画展の開催を計画致しました。

《哲学者の薔薇園》は、精神分析学者ユングによって取り上げられた、錬金術の書物の名称です。
錬金術は「相反物の一致」の物質的・象徴的な実現を目指す学問です。

今回の企画展では、哲学の中心命題である「存在」を取り上げます。
人間存在の理想的な在り方は「世界と一体化すること」と「自己を際立たせること」という、一見真逆に思える二つの様態を一致させることで見出せるのではないか、と考えました。
その絵画的表現として、主として少女・女性性をモチーフとする女性作家諸氏の作品展示を行います。



◎出展作家

 

◆akibaco(あきばこ)

ほぼ独学にて作画を開始
アナログからデジタル迄、手法に囚われない表現を目指している。

作品は、アミューズメント施設の壁面への使用や、キャラクターコンテンツを取扱う企業に採用された実積を持つが、展示会への出展は今回が初めてとなる。
私生活では、猫と暮らしている。

主催ロサパルティへは、「人」と「ドールやペット」がお揃いで使える、サイズ違いの「つけ襟」や、猫のイラストを描いたバッグ等を委託している。




◆石田千帆(Ishida Chiho)

川崎市出身。
東京ビジュアルアーツ卒業。
株式会社アーバンフォトグラフィーを経て高井哲朗氏師事。

以降フリーランスとなる。

APAビエンナーレ、清里フォトアートミュージアムヤングポートフォリオ(パーマネントコレクション)、「女性だけの写真展」、「ベラドンナアート展」、Photo Pre賞等、出品・受賞多数。




◆卯月螢(Uzuki Hotaru)

ペン画。
「言葉」や「感情」を木々や花に投影して描いている。

小説や詩、脚本等勉強したが自分の言葉での表現に限界を感じて「絵」で表現するようになる。

活動休止を経て2013年にペン画にて創作活動を再開。

新宿 アートコンプレックスセンターにて個展を開催する。




◆鏡野みづは(Kyono Miduha)

ある日突然、それまでノータッチなれど知識のみあったカルトナージュ技術で、よりによって何故か棺桶形ケースをいきなり作り始めた人間です。

以来、ハコ好き道を驀進すること幾久しく。
ハコ形態ならばなんでもLOVE。変な形ならばどうしようもなく萌えます。
が、気づけば制作したそれらは何かと棺桶形になりがち。

入れる「中身」それ自体にはあまり興味ありません。
私にとって「空っぽ」なハコこそ、おしなべて完璧に満たされていると感じられますので。

不可視の「中身」とは郷愁か、結晶か、それともどこか違う場所への「通路」なのか…
そんな探索の衝動に呼応するように作り続けています。




◆澁谷瑠璃(Shibuya Rury)

弾き語りする画家。
長らく油絵画家として生きていたけれど、色と音を融合させたいという思いに駆られ、昨年より楽曲制作を始める。
“ライブハウス個展”と称し、都内を拠点に活動している。

[絵]

油絵の古典絵画技法を使用した、幻想絵画を制作。
作品テーマは 生きている絵/精神世界の具現化/少女/宇宙 等。
似顔絵でも肖像画でもない、誰しもの内面に存在する ”インナーチャイルド”を描く。

[音]
昭和40年代風レトロ音楽をコンセプトに、オリジナル曲を制作。
ボーカル&エレキギター。
絵にまつわる曲も多く制作している。

[経歴]
東京生まれ。
早稲田大学卒業。
画家 川口起美雄に師事、古典絵画技法を学ぶ。
国内に於いては、青木画廊や東邦アート等の画廊にて個展開催。
海外は香港にて個展を開催。




◆緋衣汝香優理(Hiina Kayuri)

北海道生まれ。女子美大絵画科卒。

1991年 東京青山ギャラリー青山にて個展「七つの封印」
1993年 京都昔人形青山/K1にて個展「七つの封印」
1997年 京都昔人形青山/K1にてK1‐doll開設記念展「変容‐CHANGES‐」
1998年 東京国分寺アンティークGARAKUTAYAにて特別企画展「変容‐CHANGES‐」
1999年 東京渋谷アートスペース美蕾樹にて個展「D´EJ`A‐VU」
      京都昔人形青山/K1にて個展「D´EJ`A‐VU」
2002年 東京国分寺アンティークGARAKUTAYA/Caf´e des Rosiersにて個展「Fragile」
2004年 KANZENより、写真集「少女伽藍−Fille de Secret-Coeur−」出版
      東京銀座 Angel Dolls にて出版記念展「少女伽藍−Fille de Secret-Coeur−」
2005年 東京銀座 Gallery Voyage にて個展「GOLDEN YEARS」
2006年 東京銀座 Angel Dolls にて新作展「硝子の迷宮」
2008年 鳥取市重要文化財仁風閣にて個展「硝子の翅をもつ子供たちは永久螺旋の夢を見る」
2010年 東京浅草橋 paraborica-bis にて個展「翼の記憶」
他、企画展出展等多数




◆ミカミまこ(Mikami Mako)

「どこでもどこでも この世の外、、、」というボードレールの詩の中の言葉が好きです。幻想的な絵を描いてきました。
抽象画は「こんなの面白いね」と画商さんに言われたのが、日記代わりに描いていた、その時の感情ごとにクルクル変わる抽象画てした。
嬉しく思い、改めて作品化したものを、扱って頂く事になったのが、きっかけです。
抽象画は心が解き放たれて、とても気持ちいいです。 

企画展等の援助してくださった画廊、画商
ギャラリーすどう、ギャラリー針谷、ギャラリーポポタム、新田美術店、大怪店、池袋東武デパート小ホール、ギャラリー古藤、≪哲学者の薔薇園≫

それから、故池田龍雄先生の「Rの会」で作品を描いてます。こんなすごい画家を訪問し、お話を拝聴できたこと、刺激的でした。

最後に、今まで、これからも、私と この様に関わって下さった、あるいは下さる方々にとても感謝しています。




◆邑神ナッツ(Murakami Nattsu)

鉛筆画、人形服、着物リメイク、著作。
建石修志先生の絵画教室『鉛筆空間』で鉛筆画を教えて頂きました。花と人物の鉛筆画が好きです。
SUPER★URARIUMさんの人形の専属仕立て屋さんをしています。
先日、緋衣汝香優理さんからオーダーをいただき、光栄です。
和布が好きで、ロサパルティのリメイク部門風信子hiyashinsuに出品させていただいています。

西日本出版社より、村上ナッツのペンネームで、共著『わかる古事記』『能の本』などの著作あり。




◆由良瓏砂(Yura Rosa)

人形作家、女優、ライター、古物商。YScompany所属。
創作人形・アクセサリー工房アトリエ・アスフォデル、演劇ユニットMONT★SUCHT主宰。
アンティーク・レトロ雑貨店ロサアンティカ、手芸資材とアートのWEBショップ・ロサパルティ、アートサロンカフェ《哲学者の薔薇園》運営。
2021年音楽ユニット「ヰタ・スピリチュアリス」始動。

和光大学人文学部芸術学科卒業。
吉田良氏の人形教室、doll space PYGMALIONにて人形制作を学ぶ。
宗教やオカルティズム等をテーマにした作品を制作。
個展、二人展、 グループ展開催多数。
また、浅草橋パラボリカ・ビスでの長田ノオト個展や、初台 画廊・珈琲 Zaroffでの何回かの企画展等をキュレーションしています。






◎トークショー司会
 

◆松尾友雪

東京生まれ。
リルケの影響で詩を書き始める。
意識の流れに触れ、自由の探求のため創作を続ける。小説、詩、絵画〈油彩、コラージュ〉、音楽などを制作。

此等の人を観よ
ティアマトの再婚
時計草
快音と蔦
幽霊を追い掛けて
イプノスの辺獄
秘する女神のコラージュ
溺れる鯨と猿の座礁
限りない戀を束ねて




 

◎総合プロデュース
 

◆小松晋一朗

カテゴリーから探す

グループから探す

コンテンツ

モバイルショップ

店長紹介

由良瓏砂

私自身、人形・アクセサリー製作をしておりますので、仕入れや商品のご提案、作家さんの立場に立った運営を行っていけたらと思っております。 皆様の生活に、潤いと美を取り入れるお手伝いができれば嬉しいです。 お困りのことなどございましたら、ご遠慮なくご相談下さいませ。

店長紹介

由良瓏砂

私自身、人形・アクセサリー製作をしておりますので、仕入れや商品のご提案、作家さんの立場に立った運営を行っていけたらと思っております。 皆様の生活に、潤いと美を取り入れるお手伝いができれば嬉しいです。 お困りのことなどございましたら、ご遠慮なくご相談下さいませ。